映画『人生は、奇跡の詩』あらすじ、作品情報

あらすじ

アッティリオは大学で詩を教える詩人であり、「虎と雪」という詩集で有名

愛するヴィットリアと結婚する夢を見る。

ヴィットリアとの間には二人の娘がいるが、不倫が原因で別れており、結婚はしていない。

アッティリオの友人のフアドはイラクの有名な詩人である。

イラク戦争が起き、フアドは自分の国の困難に際しバグダッドに帰る決意をする。

ヴィットリアが爆撃された建物の下敷きになって病院に運ばれ、意識不明

友人の紹介で赤十字のボランティアになってバグダッドに向かい、やっとのことでフアドと合流して病院にたどり着く。

アッティリオは、さまざまな方法で薬をかき集める。

登場人物

アッティリオ・デ・ジョヴァンニ – ロベルト・ベニーニ

ヴィットリア – ニコレッタ・ブラスキ

フアド – ジャン・レノ

ナンシー・ブラウニング – エミリア・フォックス

弁護士 – ジャンフランコ・ヴァレット

エルマンノ – ジュゼッペ・バッティストン

エミリア – チアラ・ピーリ

ローザ – アナ・ピーリ

トム・ウェイツ

作品情報

タイトル:人生は、奇跡の詩

原題:LA TIGRE E LA NEVE/THE TIGER AND THE SNOW

製作年度:2005年

上映時間:114分

製作国:イタリア

ジャンル:ドラマ、コメディ、ロマンス

監督:ロベルト・ベニーニ

製作総指揮:エルダ・フェッリ

脚本:ロベルト・ベニーニ、ヴィンセンツォ・セラミ

音楽:ニコラ・ピオヴァーニ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする