HIROTO一覧

アニメ『ソードアート・オンライン』感想・ネタバレ

アニメ『ソードアート・オンライン』は仮想空間で繰り広げられるゲームの世界にプレーヤーが閉じ込められて、デスゲームが始まるってお話です。

アニメ『ソードアート・オンライン』はアニメも1期、2期と長くやっていて、映画もあったりと大人気なんですね。

 

作品情報

まずは、あらすじです。

2022年。人類はついに完全なる仮想空間を実現した。VRMMORPG『ソードアート・オンライン』のプレイヤーの一人であるキリト。SAOの世界を満喫していた彼は、ログインした他の1万人のプレイヤーと共にゲームマスターから恐るべき宣託を聞かされる。それは、ゲームをクリアすることだけが、この世界から脱出する唯一の方法であること。そして、このゲーム内でゲームオーバーは、現実世界での”死”を意味すること。それが、このゲームの恐るべき全貌であった。キリトは、いち早くこのMMOの”真実”を受け入れ、パーティーを組まないソロプレイヤーとして、終わりの見えない死闘に身を投じていく…

TVアニメ「ソードアート・オンライン」オフィシャルサイト

 

 

登場人物

キリト

声:松岡禎丞

物語の主人公。一人でSAOを攻略しようとするソロプレイヤー。

アスナ

声:戸松遥

物語のヒロイン。アニメの初期、ボス攻略時にキリトと出会いパーティを組むが、すぐに解散。

茅場晶彦(かやば あきひこ)

声:山寺宏一

量子物物理学者であり、天才ゲームデザイナー。SAOの開発者。

ライン

声:平田広明

キリトがSAO初期に出会った人物。

エギル

声:安元洋貴

武器などを扱う商人。

サチ

声:早見紗織

キリトが一度だけ所属したギルド『月夜の黒猫団』のメンバー。

リズベット

声:高垣彩陽

鍛冶屋の少女。アスナとは親友。

シリカ

声:日高里菜

モンスターに襲われているところをキリトに助けられる。

 

見どころ

アインクラッドというゲームの世界に閉じ込められた1万人のプレーヤたち。

彼らはゲームをクリアしないと現実世界に戻ることはできません。

さらに、ゲームの世界で死んでしまうと、現実世界に残された本当の自分も死んでしまう。

という、超恐ろしいデスゲームに参加させられてしまったのです。

 

主人公キリトはソロプレーヤーとして活躍します。

彼はベータテストという本サービス前のゲームを経験しており、序盤ゲームを有利に進めます。

それが回りの反感を買い、さらに自身も葛藤に苦しむことになるんです。

そんな時アスナという凄腕プレーヤに出会い、ともに戦っていく内に二人は心を通わすようになります。

そう、二人は恋をするのです。まさに萌えですね。

キリトはアインクラッドの世界でモテまくります。

アスナの他にもサチやシリカ、リズベットと可愛い女の子たちからモテるんです。

これもラノベが原作のアニメ特有の展開ですね。

 

まとめ

アニメ『ソードアート・オンライン』は過酷な状況に置かれた一人の少年キリトの成長物語です。

また、アスナや他の女性キャラとの恋愛模様も楽しめます。


映画『シェイプオブウォーター』あらすじ、作品情報

あらすじ

生物は「半魚人」と呼べる異形の存在だったがイライザの心を揺り動かす。

アパートの隣人であるゲイのジャイルズ、アフリカ系女性のゼルダに支えられ、平穏な毎日をおくり

軍人ストリックランドが、生物を邪険に扱った報復を受けて指を失う騒ぎがあり、清掃のために部屋に入ったイライザは初めてその生物を直視する。

ふたりは親密な関係となってゆく。

アマゾンの奥地で神として現地人の崇拝を受けていたという生物を、ホフステトラーは宇宙飛行士としてロケットに乗せようと提案

だがホフステトラーは貴重な生物を殺すことに反対する。

イライザとジャイルズは生物を運河の水門に連れてゆき、別れを告げる。

ストリックランドはイライザの家を目指し、彼女の身の危険を感じたゼルダは電話で逃亡を指示する。

ストリックランドは、生体解剖でこの生物の秘密を明らかにすべしと主張

宇宙センターに新メンバーのホフステトラー博士が一体の生物の入ったタンクを運び込む。

イライザは、ジャイルズやゼルダに自らの思いを打ち明け、生物を救う計画に手を貸してほしい

生物の驚異的な治癒能力で蘇生したイライザは、彼と共に海の中で幸せに暮らしてゆく。

ソ連のスパイだったホフステトラーは、生物を殺すよう政府に命じられる。

イライザはジャイルズ、ゼルダ、ホフステトラーの協力を得て宇宙センターより生物を救出し、雨で増水した日に彼を運河から水中に返す計画を立てる。

イライザは映画館の上にあるアパートでただ独りで暮らし、機密機関「航空宇宙研究センター」で清掃員として働いている。

その時、後から追ってきたストリックランドが生物とイライザに向けて発砲する。

ホフステトラーは命令不服従によりソ連スパイに撃たれ、絶命する。

ストリックランドはホフステトラーの最期の言葉から、ゼルダとイライザが救出を実行したと知る。

イライザは意識を失うが、一命を取り留めた生物はストリックランドを殺害し、イライザを抱え海に飛び込む。

 

受賞歴

アカデミー賞 第90回(2017年)

作品賞

監督賞

作曲賞

美術賞

ヴェネチア国際映画祭 第74回(2017年)

金獅子賞

LA批評家協会賞 第43回(2017年)

女優賞

監督賞

撮影賞

ゴールデン・グローブ 第75回(2017年)

監督賞

音楽賞

 

作品情報

タイトル

シェイプ・オブ・ウォーター

原題

THE SHAPE OF WATER

製作年度

2017年

上映時間

124分

製作国

アメリカ

ジャンル

ファンタジー

ロマンス

サスペンス

監督

ギレルモ・デル・トロ

脚本

ギレルモ・デル・トロ

ヴァネッサ・テイラー

音楽

アレクサンドル・デスプラ

 


映画『人生は、奇跡の詩』あらすじ、作品情報

あらすじ

アッティリオは大学で詩を教える詩人であり、「虎と雪」という詩集で有名

愛するヴィットリアと結婚する夢を見る。

ヴィットリアとの間には二人の娘がいるが、不倫が原因で別れており、結婚はしていない。

アッティリオの友人のフアドはイラクの有名な詩人である。

イラク戦争が起き、フアドは自分の国の困難に際しバグダッドに帰る決意をする。

ヴィットリアが爆撃された建物の下敷きになって病院に運ばれ、意識不明

友人の紹介で赤十字のボランティアになってバグダッドに向かい、やっとのことでフアドと合流して病院にたどり着く。

アッティリオは、さまざまな方法で薬をかき集める。

登場人物

アッティリオ・デ・ジョヴァンニ – ロベルト・ベニーニ

ヴィットリア – ニコレッタ・ブラスキ

フアド – ジャン・レノ

ナンシー・ブラウニング – エミリア・フォックス

弁護士 – ジャンフランコ・ヴァレット

エルマンノ – ジュゼッペ・バッティストン

エミリア – チアラ・ピーリ

ローザ – アナ・ピーリ

トム・ウェイツ

作品情報

タイトル:人生は、奇跡の詩

原題:LA TIGRE E LA NEVE/THE TIGER AND THE SNOW

製作年度:2005年

上映時間:114分

製作国:イタリア

ジャンル:ドラマ、コメディ、ロマンス

監督:ロベルト・ベニーニ

製作総指揮:エルダ・フェッリ

脚本:ロベルト・ベニーニ、ヴィンセンツォ・セラミ

音楽:ニコラ・ピオヴァーニ


アニメ『文豪ストレイドッグス』ネタバレ・感想

あらすじ

孤児院を追い出され、餓死寸前の青年・中島敦が出会った風変わりな男たち。白昼堂々、入水自殺にいそしむ自殺嗜好の男・太宰治。神経質そうに手帳を繰る眼鏡の男・国木田独歩。彼らは、軍や警察も踏み込めない荒事を解決すると噂される「武装探偵社」の社員であった。何の因果か、巷を騒がせる「人喰い虎」退治への同行を求められる敦だが……。
架空の都市ヨコハマ。登場するのは、文豪の名を懐く者たち。その名になぞらえた異形の力が火花を散らす。

各話紹介

第1話 人生万事塞翁が虎
第2話 或る爆弾 五十嵐卓哉
第3話 ヨコハマ ギャングスタア パラダヰス
第4話 運命論者の悲み
第5話Murder on D Street
第6話 蒼の使徒
第7話 理想という病を愛す平
第8話 人を殺して死ねよとて
第9話 うつくしき人は寂として石像の如く
第10話 羅生門と虎
第11話 其の一 彼女には向かない職業/其の二 有頂天探偵社
第13話
第12話 たえまなく過去へ押し戻されながら
第13話 黒の時代
第14話 戻れない場所
第15話 いつか海の見える部屋で
第16話 文豪ストレイドッグ
第17話 三社鼎立(ていりつ
第18話 The strategy of conflict
第19話 ウィル・オブ・タイクーン
第20話 頭は間違うことがあっても
第21話 双(ふた)つの黒
第22話 其の一『ポオと乱歩』
第23話 羅生門と虎と最後の大君(たいくん)
第24話 若し今日この荷物を降ろして善いのなら
第25話 独り歩む

キャラクター

中島敦(声:上村祐翔)

幼い頃から暮らしていた孤児院が、人食い虎に襲われて経営が苦しくなり、強制的に院を追い出される。
その後、餓死寸前の状態の時に太宰に拾われ、そのまま武装探偵社に入社。太宰に看破されるまで自身が人食い虎だとは気付かなかった。
気弱な性格だが、困っている人を放っておけない優しい面もあり、時には自らを犠牲にして他者を守ろうとする。
能力名:月下獣(げっかじゅう)

太宰治(声:宮野真守)

自殺マニアで、たびたび自殺しようと試みるが失敗に終わる。希望は美女との心中。
腕や首など体中に巻いた包帯がトレードマーク。国木田には「包帯無駄遣い装置」と呼ばれている。
太宰の過去は謎が多く、武装探偵社の前職は「探偵社の七不思議」と言われており、最初に当てた人が70万円の懸賞金を貰えることになっている。
能力名:人間失格(にんげんしっかく)

国木田独歩(声:細谷佳正)

太宰の同僚・相棒。
探偵社のまとめ役のような存在で、社長の福沢が表に出てこない時は、他の社員に指示を出している。
真面目で杓子定規な性格。理想主義者で現実主義者。スケジュール通りに事が進まないことを嫌う。
前職は数学教師で外見はインテリっぽく見えるが、社内ではかなりの武闘派で通っている。
能力名:独歩吟客(どっぽぎんかく)

江戸川乱歩(声:神谷浩史)

童顔だが探偵社の中では年長者にあたる。
高い推理能力を持っている反面、一般常識が欠如しており、一人で電車に乗りことすらできない。それゆえ、事件現場に向かう時は他の社員に同行してもらっている。
その鋭い観察眼から警察から事件解決の依頼も多く、武闘派が揃う探偵社において、自分の能力が唯一『武装探偵社』を探偵たらしめていると豪語している。
能力名:超推理(ちょうすいり)

谷崎潤一郎(声:豊永利行)

ヘタレな性格で、探偵社では張り込みや聞き込みなど手代のような役割をこなす。
常に行動を共にする妹のナオミから異常なスキンシップを受けており、探偵社内では本当の兄妹かと疑われている。
基本的に温和な性格だが、妹のナオミが怪我を負ったり危険な目に遭うと我を忘れて怒り狂う。
能力名:細雪(ささめゆき)

宮沢賢治(声:花倉洸幸)

電気も電話もないような田舎出身。
人を疑うことをせず、「動物でも人でも素直に心を込めて気持ちを話せば思いは通じ合う」という信条を持っている。
純粋な性格から町の人々とは仲がよくて人脈が広い。そこから情報収集を行っている。
国木田からは「賢治の事件解決方法は独特過ぎて参考にならない」と言われている。
能力名:雨ニモマケズ(あめニモマケズ)

与謝野晶子(声:嶋村侑)

武装探偵社の専属医。
ボブカットに蝶の髪飾りが特徴のハイカラな外見をしている。
女性を軽んじられることが大嫌いで、彼女の前で男尊女卑を感じさせることがあれば、恐ろしいほどの罵詈雑言を浴びせかけられることになる。
能力名:君死給勿(きみしにたまふことなかれ)

谷崎ナオミ(声:小見川千明)

谷崎の妹。異能力者ではない。
ブラコン丸出しで、いつも谷崎と異常なスキンシップをとっている。
探偵社では事務として働いているが、頭の回転も早く機転も利くなど、兄以上の有能ぶりを発揮している。
名前は谷崎潤一郎の『痴人の愛』の登場人物から。

泉鏡花(声:諸星すみれ)

孤児だったところをポートマフィアに拾われ、芥川の指示で言われるがまま殺戮を繰り返し、すでに35人を殺害。
警察に捕まれば死罪は間違いないと言われていたが、敦との戦いの後、改心し武装探偵社に身を寄せるようになる。
能力名:夜叉白雪(やしゃしらゆき)

福沢諭吉(声:小山力也)

武装探偵社の社長。
武道の達人で、かつては政府の暗殺剣士であった。その時の名は狐剣士『銀狼』。
いかつい風貌からは想像がつかないが、非常に社員思いな面があり、敦がポートマフィアにさらわれた時は、全ての業務を止めてまで救出に向かうよう指示した。
能力名:人上人不造(ひとのうえにひとをつくらず)

芥川龍之介(声:小野賢章)

ポートマフィアの一員。常に黒い外套を身に着けている。
国木田が「こいつには遭うな。遭ったら逃げろ」と敦に忠告するほど高い戦闘能力を持っている。
太宰がポートマフィアにいた頃の部下。その時に太宰から一度も認められなかったため、太宰に評価されている敦に対して敵意を抱いている。
能力名:羅生門(らしょうもん)

映画『テラフォーマーズ』あらすじ・感想

映画『テラフォーマーズ』は大人気マンガの実写映画化です。

マンガの『テラフォーマーズ』は作:貴家悠さん、画:橘賢一さんによる漫画で、週間ヤングジャンプにて連載中です。

監督は実写映画化には定評がある三池崇史さんです。

あらすじ

21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと“ある生物”を送ることで火星を地球化させようとした。それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。ところが、“ある生物”は人型に異常進化した凶暴な驚愕生物へと姿を変え、隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況のなか、彼らの身体に秘策が仕込まれていたことが明かされる。昆虫のDNAによって虫の姿に“変異”し、超人的なパワーを発揮できるのだ。騙されたことに怒りながらも、どう猛すぎる力を与えられた小町小吉(伊藤英明)のもと立ち上がる隊員。ついに人類対テラフォーマーの壮絶な戦いが始まる!だが、その裏で、もうひとつの陰謀が着々と進んでいた─。

映画『テラフォーマーズ』登場人物

小町小吉(演:伊藤英明

秋田奈々緒(演:武井咲)

武藤仁(演:山下智久)

蛭間一郎(演:山田孝之)

ゴッド・リー(演:ケイン・コスギ)

森木明日香(演:菊地凛子)

堂島啓介(演:加藤雅也)

大張美奈(演:小池栄子)

大迫空衣(演:篠田麻里子)

連城マリア(演:太田莉菜)

手塚俊治(演:滝藤賢一)

本多晃博士(演:小栗旬)

映画『テラフォーマーズ』見どころ

火星に送り込まれた人たちはバグズ手術と呼ばれる昆虫化の手術を受けています。

それは火星にはテラフォーマーという進化したゴキブリがいて、そのままでは火星に移住できないのです。

そのテラフォーマーたちを掃討するためにバグズ手術を施された乗組員たちが火星に送られたのです。

 

では、どんな昆虫を組み込まれたのでしょうか。

たとえば小町小吉はオオスズメバチです。

オオスズメバチは凶暴で戦闘向きの昆虫です。

 

秋田奈々緒はクモイトカイコガです。

クモイトカイコガは鋼鉄の強度の糸を1000m紡ぐことができると言われています。

 

武藤仁はサバクトビバッタです。

サバクトビバッタは主に足技でテラフォーマー達を倒していきます。

 

蛭間一郎はネムリユスリカです。

ネムリユスリカは仮死状態になると急激な温度変化や放射線、真空状態などにも耐えることができるのです。

 

ゴッド・リーはミイデラゴミムシです。

ミイデラゴミムシは、過酸化水素とハイドロキノンを体内で合成することで、手から超高温の爆炎を放出することができます。

 

森木明日香はエメラルドゴキブリバチです。

エメラルドゴキブリバチはゴキブリに毒を注射して動きを止め、卵を産み付けることができます。

 

堂島啓介はパラポネラです。

パラポネラは体長が2.5センチもある蟻で、刺されると銃で撃たれたような激痛が走ると言われています。

映画『テラフォーマーズ』まとめ

ゴキブリが気持ち悪くて気持ち悪くて…つらかったです。

 


映画『イン・ザ・ヒーロー』感想・ネタバレ

映画『イン・ザ・ヒーロー』は「スーツアクター」を題材に扱った映画です。

映画『イン・ザ・ヒーロー』作品情報

あらすじです。

下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道25年のスーツアクターである本城渉(唐沢寿明)。数年ぶりにヒーロー番組の劇場版作品に出演した彼は、一ノ瀬リョウ(福士蒼汰)という人気若手俳優と出会う。ヒーロー番組に敬意を払わないリョウと対立するも、ある出来事を契機に本城は彼と絆を育むように。そんな中、日本で撮影中のハリウッド大作で、落下して炎にまみれながらノーカットで殺陣を繰り出すクライマックスに出演する予定だった俳優が、恐れをなして降板。慌てたスタッフは、本城の評判を聞き付けて出演をオファーする。

おすすめ記事

映画『イン・ザ・ヒーロー』~映画情報

イン・ザ・ヒーロー – Wikipedia

映画『イン・ザ・ヒーロー』登場人物

唐沢寿明(本城渉)

福士蒼汰(一ノ瀬リョウ)

黒谷友香(大芝美咲)

寺島進(海野吾郎)

草野イニ(真鍋満)

日向丈(森田真澄)

小出恵介(門脇利雄)

及川光博(西尾俊久)

杉咲花(元村歩)

イ・ジュニク(スタンリー・チャン)

加藤雅也(石橋隆生)

松方弘樹(本人)

和久井映見(元村凛子)

 

まとめ

映画『イン・ザ・ヒーロー』はスーツアクターに光を当てた映画です。

唐沢寿明演じる本城は長年スーツアクターをしているベテランです。

しかし、スーツアクターは裏方。本城も光が当たることはありません。

福士蒼汰くん演じる一ノ瀬リョウは人気俳優です。

一ノ瀬のスーツアクターを本城が担当します。

本城は一ノ瀬にアクションを教えたりして仲良くなっていきます。

一ノ瀬は最初こそ嫌な奴でしたが、徐々に打ち解け仲良くなりました。